スタッフブログ

プロフィールムービー制作 虎の巻

2016.02.23

披露宴中に流す演出ムービーの中で一番ポピュラーで、もはやマストアイテムと言っても過言ではないのが「プロフィール(生い立ち)ムービー」です!

 

熊本・福岡の式場で結婚式に携わらせていただいている中で、90%以上の披露宴で流れています。

恐らくゲストの皆様も「きっとあるんだろう」と思ってご出席されると思いますので、ご準備されるのをお勧めします。
新郎新婦様お二人それぞれの生い立ちから出会い、ご結婚に至るまでのストーリーを、沢山の写真を使ってまとめた一本。
新郎様の事をまだよく知らない新婦様側のゲストに、また、新婦様の事をまだよく知らない新郎様側のゲストに自己紹介をするというのが一番の目的なんですね。

 

ゲスト
@マリエール神水苑 http://www.pgms.jp/
これを観たゲスト目線での感想で多いのは、「知らなかった一面が見れて良かった!」(職場同僚)、「懐かしい写真が出てきて盛り上がった!」(友人)「子育てをしてきた集大成とも言える感動の一本!」(ご両親)等々、それぞれのゲストがそれぞれの楽しみ方をしているところも人気の理由なんだと思います。

披露宴会場にお越しのゲストはお二人の人生に深く関わり合った方々ばかり。みなさんに楽しんでもらえるよう、プロならではのコツを少しだけ解説させていただきます!

 

ご自身で制作を検討されている新郎新婦様もいらっしゃるかと思いますので、まずは編集ソフトから。パソコンには標準でインストールされている映像編集ソフトがあります。

 

win
windowsをご利用の方 http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/movie-maker

mac
Macをご利用の方 http://www.apple.com/jp/mac/imovie/

 

それぞれの使い方に関しては、それぞれのヘルプや解説動画等を参照してください(笑)
まずは必要な素材を集めましょう。
①使用音源
②写真
③コメント

 

最初に使用音源です。どんな曲が良いのか迷われるかと思いますが、これに正解はありません!
「楽しいムービーにしたいのか、感動のムービーにしたいのか」という方向性で決めましょう。
お二人らしい曲である事も大切です。また、曲はムービーの尺(長さ)を決定付ける要素にもなりますので
注意して選んでください。理想は5分です!3分は短過ぎですし、6分超えは間延びしてしまいます。

 

◎実際に使われることの多い曲
「ありがとう/大橋卓弥」
「糸/BankBand」
「ありったけのLoveSong/ナオトインティライミ」

プロフィールのBGMランキングも随時更新予定です。お楽しみに!!

 

次に写真です。5分間の音楽に写真を乗せていくとすると、使用枚数は40枚程度が理想的です。
新郎様生い立ち15枚、新婦様生い立ち15枚、お二人のツーショット10枚。
できるだけゲストが写っているものを選びましょう。

 

使う写真を選んだら次は写真にコメントを付けて行きます。なかなか難しい作業になります!
肝心なことは「長く書かない事」と、「写真を見て分かる事ならあえて文字にしない事」です。
写真一枚一枚が表示される時間は3~4秒です。読める文字の量は限られており、一言が理想です。

お気に入りの写真や面白い写真などに関しては、コメントを付けずに写真を見てもらうようにした方が良い
事も多々あります。

 

コメントの上手な付け方「文章を複数写真に分けて配置する」!

新郎1
≪一枚目≫「八木家三男として生まれ―」

!!目がクリッとしてかわいい男の子でした…などの写真からわかる情報は入れません。!!

 

新郎2
≪二枚目≫「すごーく甘えん坊ながらも―」

!!七五三…などのコメントは不要です。!!

 

新郎3
≪三枚目≫「すくすく育ちました。」

!!運動会で一等賞…などは写真を見てわかります。!!

 

という感じです。写真を説明するのではなく、写真からでは分からないことをコメントしてあり、3枚で一つの文章になる!というやり方です。全部をつなぐのは無理なので、要所要所にこう言ったところがあると見やすくなります。

 

以上が揃ったらいよいよ制作開始です。ご依頼の方もご自作の方もここまでがしっかりしているかどうかで出来が変わってきますので、じっくり時間をかけて準備しましょう!

 

また「自分の幼少期のことなんて覚えてないし!」という方がほとんどだと思います。この作業はぜひご両親にもお手伝いしていただき、当時の思い出話をしながら進めていくことをおすすめします!

 

ご家族にとって、きっと良い時間になると思いますよ♪

 

ご不明な点はどしどしお問い合わせください(笑)